マイホームを注文住宅で建てる上で押さえておきたい基本情報を徹底解説!

当サイトでは、マイホームを注文住宅で建てる際に抑えるべきポイントを徹底的にお教えします。
注文型の住宅は大手の不動産屋さんから、町の工務店まで幅広く手がけておられるのですが、それぞれに一長一短があることを念頭に置いてください。
それは、大手の不動産屋さんは小回りが利かないことが多く、町の工務店は小回りが利きやすいと一般的に言われています。
次に、大手の不動産屋さんはアフターフォローがまずますで、町の工務店はアフターフォローしっかりとしていると言えます。
では次に、その理由について考えてみましょう。

マイホームを注文住宅で建てる上で押さえておきたい基本情報を徹底解説!

大手不動産屋が建築する注文住宅も、町の工務店が建築するものも施工しているのは、同じ工務店が行っていることが多いのが実態です。
大手不動産屋の受注した注文住宅をその指示に従って、着実に建築しているにすぎません。
それだけに何か細かいことを言っても元請け先に確認せざるを得ないのが実態です。
また、自分たちは元請ではないためアフターメンテナンスやや見劣りがするの否定できません。
一方、基本情報として、町の工務店は完全に責任を背負っているため、言い逃れなどできません。
注文に忠実に施工するだけでなく臨機応変で柔軟な対応が求まれるのです。

注文住宅はハウスメーカーと工務店のどちらで建てるべき?

注文住宅の依頼先はどこにしたら良いのかなかなか決められないことがあります。
ハウスメーカ-と工務店どちらにもメリットやデメリットはあるため、絶対にどちらかが良いということはありません。
自分が注文住宅を建てる際に何を重要視するかによって、向き不向きはあります。
ハウスメーカーは知名度が高く、全国に営業支店などを持つような大手企業です。
地域によって品質にバラツキがあるようでは、依頼する方も不安になってしまいます。
どこで建てても一定の品質である必要があるため、材料やプランなどが決められており、施工に信頼やブランドを求める方に選ばれています。
地元エリアを中心に営業している工務店は、設計の自由度が高く融通が利きやすいと言われています。
そのため家づくりにこだわりたい場合は自分の要望を聞いてもらえるでしょう。
どちらもそれぞれに強みがあります。
どういう家づくりを行いたいのか、家族が何を大切にしたいのか明確にして選択することがポイントです。

建売住宅ではなく注文住宅を選択するメリットとは?

土地と建物がセットで売られている建売住宅は、基本的に外観や間取り、設備などが決められています。
既に完成した物件なので、すぐに引越しが必要な場合や費用を抑えたい方などに選ばれています。
注文住宅の方が一から家づくりを始めるため、設計において自由度が高く、家族の人数に合わせた間取りや、暮らしに合わせた家づくりが可能です。
外観を好みのデザインにしたり、内装や設備にこだわりたい場合に反映することができます。
建売住宅と比べると費用や手間、施工日数等がかかってしまいますが、家族のこだわりが詰まった家づくりなので満足度は高いといえるでしょう。
注文住宅のメリットである自由な家づくりですが、何もかも取り入れようとすると費用が高額になったり、施工期間も長引いてしまう可能性があります。
のちに負担になってしまっては元も子もありません。
こだわりや希望をバランス良く設計や間取りに反映させれば、満足度の高い家づくりが実現するでしょう。

注文住宅にはデメリットもあるので注意しよう

注文住宅には、メリットが多い一方でデメリットも2つあるので注意が必要です。
まず、予算に関する注意点は忘れてはならないポイントです。
注文住宅は、モデルハウスがあるものと異なって顧客側の要望を伝えて形を作っていくものです。
確かに、一から形を作っていくことができるものであるため、その家族にとって理想的なマイホームを購入できる魅力は大きくなります。
ただ、予算の上限を大きく逸脱してしまう可能性を否定できません。
きちんと、最初の段階で予算を決めてその範囲内で収まるように工夫をする必要があります。
また、設計上の空間と現実的な住み心地に違いが生じる可能性が存在します。
これも、モデルハウスなどの参考できるサンプルがないことと関連しています。
何もないところから設計を行うため、本当にその間取りや空間で良いのかは実際に建設をしてみないとわかりません。
そうならないようにするためにも、設計士を交えた入念な話し合いが非常に重要です。

注文住宅を建てる上で重要となる予算の決め方

注文住宅は敷地の家に建築する家屋だけではなく、状況によってはその敷地を購入するための土地代金も発生することがあります。
加えて、その建物の建築でも設計段階から変更工事や追加工事等の、契約時以外の支出が発生する事は稀ではありません。
そして、工事に着手してから引き渡しまでも長い時間を要しますので、その工事期間中に発生する生活資金や思いがけぬ出費も覚悟しておかなければならないのです。
当然のように引き渡しを受けてから入居するための引越費用や、入居後の生活資金も考慮する事も欠かせないことです。
このように注文住宅での建築に際しては、工期の長さ故に発生しがちな出費があることも念頭に置きましょう。
自分達が生活をしていく理想の家を建築するのですから、追加の工事が発生するのは当然のことと考えるべきです。
また、最も大切なのは入居してからの全員の生活費になりますので、新築工事にかかる費用だけの予算の決め方をするだけでは充分とは言えません。
入居後の生活や住宅ローンを利用している場合にはその返済についても考えて初めて、適切な資金計画が完成したことになるのです。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅のポイント

当サイトでは、マイホームを注文住宅で建てる際に抑えるべきポイントを徹底的にお教えします。注文型の住宅は大手の不動産屋さんから、町の工務店まで幅広く手がけておられるのですが、それぞれに一長一短があることを念頭に置いてください。それは、大手の不動産屋さんは小回りが利かないことが多く、町の工務店は小回りが利きやすいと一般的に言われています。次に、大手の不動産屋さんはアフターフォローがまずますで、町の工務店はアフターフォローしっかりとしていると言えます。では次に、その理由について考えてみましょう。

Search